モビットの返済遅れはすぐ裁判になる?

キャッシングを長く続けていると、つい仕事に追われて返済日に返済ができなかったということがあります。
本来なら契約で返済日を決め、お互いがそれについて同意しているはずですがつい忘れてていたということもよくある話で、返済日を過ぎると担当者から連絡が入ります。
そのとき、遅れた理由やいつまでに返済すると約束をして、その日に返済すれば何の問題もなく終わりますが遅れたことによって遅延損害金が発生し、通常の金利以外にお金を払わなければならなくなります。
また会社が倒産してリストラされてしまい、返したくても返せないという場合もありますが、モビットの場合は遅延や延滞を起こせばどうなるのでしょう。
モビットでも返済が遅れると電話が入りますが、返せないのがわかっているのでその電話を放置していると、やがて会社や自宅へ電話がかかるようになります。
そんな状況が何か月か続くと、モビットは裁判所へ申しでて、裁判所から督促状が来ることになります。
そうなると裁判所からの命令なので逃げることができませんが、いきなり裁判になることはなく、ほとんどの場合和解の話し合いで解決するようです。
「お金を貸すけれど、借りたお金は予定通り返済してくださいね」というのがキャッシングの契約書なので、それに違反した利用者は当然請求されます。
しかし、モビットにはコールセンターがあるので仮にそういった状況になったときは、電話を待たずにこちらから連絡を入れれば、何らかの解決方法が見いだせるはずです。
詳細は:モビット学生借入はできる?学生がお金を借りるには

関連記事